テンプレート機能の使い方 /Dreamweaver入門 ドリームウィーバーの使い方

ドリームウィーバーの使い方

テンプレート機能の使い方

1.テンプレートファイルの作成

テンプレート機能を使うには、まず全体の大枠を作ってしまいます。
たくさんのページがあるサイトの場合、全てのページで共通する部分があると思います。ヘッダー・フッター・ナビゲーションなどですね。そういった共通部分だけのページを、まず1ページ作ってしまいます。ここでは普通に作成すればOKです。

共通部分が出来上がったら、次は保存をします。その際に通常保存ではなく、上の「ファイル」メニューから「テンプレートとして保存」という保存方法を選びます。

すると、Templates というフォルダができ、その中に xxxxx.dwt という名前のファイルが作られます。これがテンプレートのファイルです。今後全体を一括更新する際には、このxxxxx.dwtというファイルを更新すると、全てのページを一括で更新することができます。

2.編集可能部分を作る

テンプレートが使えるのは全ページ共通となる部分です。テンプレートファイルを作った時点では、共通部分しかないので、これだけでは「まったく同じページ」しか作ることができません。そこで、各ページごとに違った内容を入れる部分を作ります。これがテンプレートの「編集可能領域」です。

共通でない部分、メインとなるコンテンツの部分としたいところを選択したら、以下の通りにクリックします。

上の「挿入」メニューから「テンプレートオブジェクト → 編集可能領域」とクリックします。
キーボードのショートカットを使う場合は「 Ctrl + Alt + V 」でもできます。
そこで編集部分に任意の名前をつけます。(日本語でもOKですが、まれに文字化けすることがあるため英数字が望ましいです)

その部分が水色の枠で囲まれたと思います。ここが各ページごとに別々の内容を載せる部分です。

編集可能領域は、後から追加することができます。

ナビゲーションの下にページ毎に違うバナーをつけたいなど、後で気がかわってもテンプレートの編集可能領域は追加できます。

ただし、編集可能領域に設定した部分を、やはりテンプレートに戻して一括更新したいということはできませんので注意しましょう。

3.保存をしたら、テンプレートから新規作成

上の「ファイル」メニューから「新規作成」(もしくはCtrl+N)、で新規ファイルを開くウインドウを出し、左側の「テンプレートから作成」をクリックします。

そのサイトで作ったテンプレートの一覧が出てきますので、テンプレートを選んで作成ボタンを押します。

テンプレートと同じページが新規ページとして表示されますが、編集可能領域以外の部分はクリックも選択もできなくなっています。これがテンプレートが適用されたファイルです。

編集可能領域内は各ページごとに、テンプレート部分はテンプレートファイル(xxxxx.dwt)から一括で更新します。

>> テンプレートを更新する(全てのページを一括更新)

1.テンプレート機能の使い方
2.テンプレートを更新する(全てのページを一括更新)
3.アップロード時の注意
4.テンプレートを適用する/テンプレートから外す
5.テンプレートとライブラリの違い

 

Dreamweaverだけじゃない
。PhotoshopもIllustratorもフラッシュもHTMLもCSSも、SEOやPPCもPHPもCGIもJavascriptもわかる。パソコン教室の100分の1の価格で全てを学べる動画パソコン教室。ダウンロードして今すぐ学習開始できます。(全ジャンルのサンプル動画見れます)

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク   twitter