サイトの内容を一括チェック&更新(検索・置き換え機能) / 初心者向けテクニック集 /Dreamweaver入門 ドリームウィーバーの使い方

ドリームウィーバーの使い方

HOME > ちょっとしたテクニック集 > サイトの内容を一括チェック&更新(検索・置き換え機能)

サイトの内容を一括チェック&更新(検索・置き換え機能)

ドリームウィーバーには、テンプレートライブラリといった一括更新機能がありますが、これらは先に設定をしておいた場所しかできません。

誤字を一括して修正したい場合(例:全ての「保障」を「保証」へ)や、テキスト内に出てくる商品名や会社名を全て変更したい場合、また、サイト内の全ての画像Aを画像Bに変更したいなどに、便利な機能があります。

それが、検索+置換機能です。

検索機能

検索機能は、メニューの「編集→検索/置換」か、もしくはキーボードの Ctrl + F で出てきます。

検索画面

あらかじめ検索したい文字列を選択して検索を使うと、その文字列が入った状態で検索画面を開くことができます。

検索ファイルの選択

ここで、どのファイルを検索するかを選択します。選択できるのは以下の種類があります。

検索場所の選択

テキストのみを検索するのか、HTMLソースを検索するのかを選択します。

プレビュー画面で検索ウインドウを開くと、自動的に「テキスト」が選択された状態で開きます。ソースコードの部分で検索ウインドウを開くと、ソースコードが選択された状態で検索ウインドウが開きます。

置換機能(一括更新)

検索文字列の下に、「置換」という入力欄があります。これは、検索によって見つかった文字列を、ここの置換で入力した文字列に置きかえることができます。

置換の使い方

検索をして、探したい文字列が見つかったら、置換欄に置きかえたい文字列を入れます。そして、右側にある「置換ボタン」を押すと、その文字列が置きかえられ、次の文字列を検索します。

置換機能を使って一括更新

置換機能は、1つ1つ確認しながらクリックで置換するだけでなく、サイト全体を置換することができます。その場合は、右側の「すべて置換」ボタンをクリックします。すると、検索ファイルで指定した中の全ての検索欄の文字列が置換欄の文字列に一括で置きかえられます。

検索機能の検索ファイルの選択で選択したファイル内だけなので、サイト全体の文字列を全て置きかえる場合は、ファイルの選択で「現在のローカルサイト全体」を選択し、「すべて置換ボタン」を使います。

ただし、このすべて置換ボタンもテンプレート機能と同様、開いていないファイルは置換&保存されてしまうため、あとからそのファイルを開いて戻るボタンやCtrl+Z(戻る)で元に戻すことができません。

一括更新の際の注意

一括更新の際は注意点があります。更新の際に開いていないファイルは戻るボタンやCtrl+Zで元に戻すことができないのと、文字列が全て置きかえられるということで、以下のような点に注意する必要があります。

たとえば、「ドリームウィーバー」を「ドリームウィーバーCS3」に変更したい場合、すでに「ドリームウィーバーCS3」と記載されている部分も「ドリームウィーバー」が「ドリームウィーバーCS3」に変換されます。

すると、「ドリームウィーバーCS3CS3」と、CS3が2つになってしまいます。

他にも、文字を置きかえたことによって文章としておかしくなってしまうこともあります。
そこで、自信がない場合は一括更新ではなく、一つ一つ目視して「置換ボタン」をクリックしながら更新していくことをおすすめします。

どんなときに置換機能での一括更新を使うか

いろいろな場面がありますが、主な一括更新をするケースは以下のような場合です。


もしこの記事が役に立ちましたら、ぜひブックマークやブログ・twitterで紹介して下さい。

>> テクニック集トップへ戻る

 

Dreamweaverだけじゃない
。PhotoshopもIllustratorもフラッシュもHTMLもCSSも、SEOやPPCもPHPもCGIもJavascriptもわかる。パソコン教室の100分の1の価格で全てを学べる動画パソコン教室。ダウンロードして今すぐ学習開始できます。(全ジャンルのサンプル動画見れます)

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク   twitter